贈るタイミングを逃したとき

MENU

開店してしまった後に贈るとしたら

開店祝いを贈るのであれば当然、開店当日もしくはその前の日くらいに届くように送るか持参するというのが望ましいといえます。しかし、中には既に開店をしてしまった後で開店の情報を耳にするとか、開店間近なときに初めて話を聞いたというようなことも起こりうるでしょう。つまり、開店時に開店祝いが間に合わないというような場合もあるということです。そんなときは基本として開店から7日以内程度なら普通と変わらないような贈り物をしても失礼には当たりませんので開店祝いに則した花であったり品物を贈ると良いでしょう。もしもそれ以上遅れるということなら贈る物も考える必要があります。開店後10日も2週間も経つと店内はある程度落ち着いてくるものです。そんな時、花などを贈るとお店によっては不釣り合いになってしまうことも考えられます。できるだけ遅れて贈られても喜んでもらえるものを贈るようにしないといけないのです。そうなるとお酒や小物などのほうが適しているかもしれません。特にお店の名入れなどをして贈ると喜ばれることでしょう。また、遅れて開店祝いを贈るときには熨斗に書く言葉なども祝御開店などよりも祈御発展などの言葉を選ぶほうが適切といえます。いずれにしても開店祝いが遅れてしまうということは通常ではないと考えないといけません。万が一、遅れてでも贈るのならその場面に応じて最も適した贈り物が何であるのかをよく考えて贈るということが大切となってくるのです。